生活問題の解決

Toilet

防音を意識して生活するのはストレスがかかる部分にもなるため、前向きな選択肢としては工事を施して、出さざるをえない音を外部に対してシャットアウトできるようにするほうが、お互いの精神衛生上良いのは明らかです。

Read More

関係の考え方

Toilet

リフォームは専門業者に相談する必要がある工事ですから、どのような業者と付き合うべきか、関係の考え方を知ることはとても重要です。給付金のことや相場のことも踏まえて、勉強した上で関係をもつのが良いです。

Read More

自力で頑張ってみる

Toilet

トイレのつまりは自分で直せる

トイレつまりが起こったらどうされていますか。修理業者に頼む方もいらっしゃると思いますが、自分でもトイレつまりを直すことができます。まずトイレの水を止めましょう。止水栓がありますので完全に締めてしまいましょう。またウォシュレットの方はウォシュレットの方も止めてください。次にバケツ、火ばさみ、新聞紙、ラバーカップを準備しましょう。新聞紙を便器の周りに敷き汚水などが飛び散っても大丈夫なように養生します。次に水位が低くなるまで待ちます。水位が低くなったら、火ばさみで余計なものを拾ってください。その後穴をすっぽり隠すようにラバーカップを設置し押し引きしてください。ここで注意は急いでがぽがぽしないでください。ゆっくりやった方が効果的です。これである軽度のトイレつまりは解消されます。

普通のラバーカップでだめだったらこの方法で

現在ラバーカップはポンプ式のものが販売されています。通常のラバーカップよりもだいたい300円ほど高いですが、無駄に水を飛び散らせない効果や力を入れなくてもつまりを解消できるというメリットがあります。もしもそれでもトイレつまりが解消できない場合は、重曹と酢、5,60度のお湯を準備しましょう。これは重曹と酢の化学反応により発生した二酸化炭素によりつまりの間に隙間を作り解消するものです。お湯は反応を早めるために使用します。この時、熱湯は使わないでください。便器は陶器やプラスチックで出来ていますので、ひび割れ等ができてしまい便器ごと修理しなければならなくなります。トイレつまりは大体この方法で解決できます。テレビでこの方法が紹介されてましたのでこの方法が自力でトイレつまりを直すトレンドになっている模様です。