関係の考え方

Toilet

リフォーム業者とうまく付き合う方法

自宅を手軽に改造する際、最近はリフォーム業者を選ぶことが一般的になってきました。以前なら近くの工務店に修繕を依頼する、というのが普通でしたが、最近は、リフォームの専門業者が多く生まれてきました。 また、耐震補強に伴うリフォームも日本社会の大きな課題になっています。 住宅は、時間の経過とともに必ずどこかが傷みます。放置しておくと全面的な建て替えが必要になるような問題点も早めに手を打つことで最小限のリフォームで住むこともあります。 さらに、住宅をリフォームする際、さまざまな税制上の優遇策や補助金の給付などが得られることも活用すべきです。 対象となるのは、住宅ローン、バリアフリー、省エネ、耐震化などのリフォーム工事です。これらの減税や補助金給付について、事前によく勉強したうえで工事内容を決めることが勧められます。

工事内容と価格の比較検討

リフォームを前に、業者の選定を行わなければなりません。当然ですが、最も大事なことは信頼できる業者を選ぶことです。 複数の業者に見積り査定を依頼し、工事内容について詳細な説明を受けることが必要です。 平均的な相場もありますので、参考程度に利用することはできます。 例えば、水回りで浴槽や給湯器の交換なら30万から40万円、ユニットバスの新調なら100万円程度、クロス張替えは10万円まで、フローリング張替は20万円前後、など、使用する材質や面積で価格は変わりますが、目安となる相場はあります。 ただし、単純に見積価格の安さだけで業者を選ぶと、追加料金などで結局高くつくこともありますので、考慮しておかなければなりません。 最近、マンションなどの場合は1平方メートル当たりの定額制料金体系もあります。相場としては10万円から15万円/平米くらいです。これも新しい選択肢になるかもしれません。